世界の17メートルの雪の回廊である「日本の屋根」について

世界で最も野生の山岳地帯の1つである日本の立山黒部アルパインルートは、別のシーズンに観光客に再びオープンしました。
「日本の屋根」と呼ばれる90キロの観光ルートは、東京の北部、富山県と長野県を横断して広がっており、3,015メートルの山々の素晴らしい景色を望んでいます。立山と2,478メートルの山。Akazawa-dakeピークを誇り、日本最高峰の温泉から最高の滝まで、あらゆるものにアクセスできます。
しかし、ルートの最大の魅力は、雪の大谷(または雪の偉大な谷)の通路に沿って信じられないSnow Wall Walkです。

立山黒部アルパインルート:日本アルプス沿いの90kmの観光ルートが4月から11月にかけて開かれます。その最大の魅力は印象的なスノーウォールウォークです。
立山黒部アルポーンルート
廊下には、雪の壁があります。雪の壁には17メートルの高さがあります。これは、除雪車のドライバーによる激しい作業の結果です。
散歩には約50分かかり、6月22日まで天気が暖まるにつれて壁が後退します。4月と5月に毎日5,000人以上の訪問者が訪れる予定です。
スノーウォールウォークに沿ったその他のハイライトは、パノラマロード(立山ピークを望む)、スノー小屋、雪迷路、およびスノースライド(開幕時間が異なる)などです。
スノーウォールウォークは、悪天候の間に閉じられることがあります。旅をする前に公式サイトAlpen- route.comを確認してください。
関連性のあるコンテンツ
よりスマートでスマートな新型新幹線「Supreme」新幹線を発表
その他の美しいトレッキング
館山黒部アルペンルート日本の屋根長野県富山市
標高2400メートルの立山黒部アルパインルートは、「日本の屋根」と呼ばれています。
礼儀黒部立山アルペンルート
立山黒部アルパインルートは、運転に簡単に6時間以上かかることがあります。
出発地点は西の館山駅、東の荻沢駅です。また、雪の大谷には、路上最上階の2450メートルの室戸駅からアクセスできます。
旅行者は提供している山の宿泊施設の1泊2泊を選ぶことができます。宿泊施設や手荷物宅配サービスに関する情報は、公式サイトでもご覧いただけます。
自家用車は禁止されているため、トンネル・トローリー・バスや日本で最長のサポートされているロープウェイ・ケーブルカーなど、地元の公共交通機関を利用し、指定された地域に沿って移動する必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer