このキラキラで満たされた藻は生きたオパールです

2018年10月に上場するトークンが、
今なら無料でもらえる!
5GEAR(5USD相当)を獲得するには、こちら
↓ ↓ ↓
https://referral.gear-blockchain.io/link.php?intro=150f23e9072adaf5c8ffbdf90a15322e&addrid=e1aacbc063a21ed9c918cea12a292980&lid=3&sub=ja
多くの自然のものが信じられないくらい冷たく見える理由があります:進化。この乱れた紡錘体に存在するストレスを考えると、いくつかの生物は文字通り眩惑するように適応しなければならない。基本的に生きたオパールであるこの藻類のように。

これは最初は私も混乱しましたが、Cystoseira tamariscifolia藻類はオパール結晶と同じように虹色の光沢があります。英国の科学者のチームが顕微鏡でそれを調べ、それがすべての物理学であることを発見した。植物は、光合成を助けるために細胞内に光を制御する結晶を持っています。

英国のブリストル大学のヘザー・ホイットニー(Heather Whitney)研究員は、「私たちは環境中に宝石を生きている」と語った。ギズモード氏に語った。 「Fabergéの海藻です。」

C.タマリスシフォルリア(tamariscifolia)は、ヨーロッパおよび地中海で見出される共通の褐色藻類である。顕微鏡の下でそれを見ると、きらきら光る虹色が現れます。先週Science Advancesに発表された論文によると、より密接に分析した結果、各細胞に2〜3個の脂肪が充満した小胞が明らかになった。

これらの嚢の中で、球状の脂肪小球の多くは、二酸化ケイ素がオパールを取る格子構造と同様に、藻類に特別な虹彩特性を与えるために、三次元格子に配置される。それだけではありませんが、細胞内でどのように光が散乱するかどうかを制御するために、藻類が球体を秩序づけたり乱したりすることができるようです。

このようなプラントがこれを行うことは理にかなっている、ホイットニーは説明する。 C.タマリスシフォリアは沿岸部に生息する。いつでも、水面下や砂の強い日差しになることがあります。彼女は別の配置は藻類が水中にあるとき、光合成が行われ、その葉緑体への藻類の直接入射光を、助ける、または露出オーバーから葉緑体を保護するために離れて、明るい日光の下で葉緑体からの光を透過できることを仮定する。

彼女はまた、この自然なデザインの人工バージョンが工学に役立つと思っていました。自然に触発された、奇妙で軽い操作の発明を見たのは今回が初めてです。

そして、誰かが知っている、おそらく奇妙な光学特性を持つ植物がさらにあります。ホイットニー氏:「これは氷山の先端です。」

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer