アメリカがもう戦争に勝たない理由

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ドナルド・トランプ氏は大統領就任後1ヶ月間、戦争で勝利したことを嘆いた。

「私が若いとき、高校と大学では、誰もが戦争を失ったことはないと言っていました」とトランプ氏は昨年2月、米国の知事団に語った。 “今、我々は戦争に勝つことはない。”

スワースモア・カレッジのドミニク・ティアニー教授とアメリカの戦争賃金に関する複数の書籍の著者は、その理由を知っているかもしれません。

彼は、昨年の戦争(世界戦争スタイルの紛争)にはまだ成功していると考えていますが、国家内のグループとの戦いがより小さい武装勢力との戦いをどのように克服するのかをまだマスターしていません。問題は、米国がこの種の戦いに引き続き関わっていることです。

「戦争はスーパーボウルのようなものだというこの見方にまだまだ取り組んでいる。私たちはフィールドで出会い、両陣営は制服を着け、ポイントを獲得し、誰かが勝ち、ゲームが終わると帰宅する」と彼は語った。 「今は戦争のようなものではない」

米軍は、現在、アフガニスタン、イラク、シリア、イエメンなどの国で紛争に陥っている。目に見えて終わりは見えない – 特に米国が勝利を収めた終わりだが、それは決まっている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer