ミュラーは、ウクライナの大物の15万ドルの寄付をトリンプ基金に調査したと伝えられている

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

特別顧問ロバート・ミューラーの調査には別のひねりがあります。ニューヨークタイムズのマイケル・シュミットとマギー・ハーバーマンは、ミューラーがウクライナの企業からドナルド・トランプ氏の慈善団体への15万ドルの支払いを、2015年に候補者であるトランプ氏のビデオ出演と引き換えに検討していると報告している。

トランプ財団への支払いの存在は、2016年の選挙の直後に報告された。新しいことは、Muellerがそれに興味を持っていると伝えられているということです。これは、ミュラーの探査がロシアを越えて見ている最新のヒントであり、トランプと彼の同僚の海外ビジネス関係を精査している。 3月に、ミュラーはトランプ機構からの文書を召喚し、報告されたものはロシアに関連していた。

しかし明らかにロシアだけではない。ニューヨークタイムズによると、ウクライナの鉄鋼大物ビクター・ピンチクからのこの15万ドルの支払いに関連する文書は、その召喚状の一部として裏返された。 2015年9月、GOPプライマリーレースの早い段階で、PinchukはTrump Foundationに15万ドルを寄付しました。その代わりに、トランプはウクライナと西洋諸国の間の関係を促進するキエフのイベントでテレビ会議を経て登場しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer