シリアの大きなニュースの過去48時間は、説明された

シリアは自国の市民に対して化学兵器を使って、少なくとも42人の大人と子供を殺した。ドナルド・トランプ大統領は、シリアの独裁者バシャール・アサドが「大きな値段」を支払うと訴え、軍事的対応を脅した。イスラエルのジェームズは、ホムス北部のシリア政府の基地をまだ爆撃していない。

そのすべてはわずか48時間で完了しました。そして、アメリカのストライキ – トランプの「大きな値段」 – がまだ出てくるかもしれない。

よく知られているウバーホークの新国家安全保障担当顧問ジョン・ボルトンは、午前11時30分午前閣議の直前に月曜日の午前中に仕事を始めた。トランプ大統領は、24時間から48時間以内に力を使うかどうかについての決断を下すことを誓い、さらにはアサドに対する彼の支援のためにロシアのプーチン大統領に名前を呼んだ。ボルトンは、米国のストライキを主張する強力で強力な声であろう。

シリアの非常に複雑な紛争の基準によってさえ、多くのことが起こっています。以下は、この週末に何が起こったのか、イベントはなぜ重要なのか、そして最も重要なのは次に起こりうる恐ろしいことをガイドするものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer