サウスダコタ州のキーストーンパイプラインの漏水 当局者は、11月16日の流出で9,700バレルの石油が漏れたと言う。当初の推定値は5,000バレルでした。

(ロイター) – サウスダコタ州の11月のキーストーン原油パイプラインの漏れは、2010年以来の最大の米国内陸流出の1つになっているとの見通しを示した。

パイプラインを所有しているカルガリーに本拠を置くTransCanada Corpの広報担当者Robynn Tysverは、11月16日に流出した9,700バレルの石油がアバディーン・アメリカン・ニュースに伝えられたとサウスダコタ紙が報じた。当初の推定値は5,000バレルでした。

この流出事故は、同社が提案しているもう一つのパイプラインである環境保護団体や米国の反対派に、長期間延期されたKeystone XLを弾圧した。

TransCanadaは、流出直後にアルバータ州の油田と米国製油所を結ぶ主要な原油輸出ルートの1つである日量59万バレルのパイプラインを閉鎖した。操作は2週間以内に再開されました。

TransCanadaの関係者はすぐにコメントすることはできませんでした。

TransCanadaの広報担当者は、新聞の修理がパイプラインで行われ、清掃が実施されたと語った。

ティーズバー氏は、金曜日の夜遅く、アメリカン・ニュースに送られた電子メールで、「我々は表土の最後を置き換え、影響を受けた地域を播種した」と述べた。

ロイター通信がレビューした文書によると、2010年に操業が開始される前に、リスクアセスメントの監督当局に示されたよりも、キーストーンが実質的に多くの油を米国で流出させていることが多い。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer