シリアで致命的な化学攻撃が報告された後、トランプは「大きな値段」を脅かす

土曜日に、疑わしい化学攻撃でシリアで数十人が死亡した。援助団体は、バシャール・アサド大統領の政府に対する攻撃を非難している。ドナルド・トランプ米国大統領は、自国の市民を攻撃した場合、その行動が「大きな値段」になると脅している。

シリアの民間防衛とシリアのアメリカ医学会は、土曜日に、東のGhoutaのDouma市周辺の医療センターに何百人もの人々が「化学物質への暴露を示す症状を持っている」という共同声明で、死者数の報告は、40歳以上から150人以上に及んだ。

反政府勢力の活動家は、化学攻撃の被害者であると主張された生命のない男性、女性、および子供のビデオを回覧した。ロイター通信が報じたように、「Douma city、April 7 …ここには強い臭いがある」と、ビデオの1つに声が聞こえる。

シリアの国営報道関係者は、政府筋がイスラム教徒のドゥマ(Douma)を支配するイスラム教徒の反政府勢力グループに関与し、ビデオを製作したと非難した。アサド政権の同盟国であるロシアも、化学兵器が使用されているという主張を否定しており、アサド派のイラン外務省もガス攻撃の報告は事実に基づくのではなく、米国と西側諸国は軍事行動を取るべきである。

声明で、米国国務省は、攻撃の報告が確認されれば、「恐ろしく、国際社会による即時対応を求めている」と述べた。英国の外務次官ボリス・ジョンソンは、報告書は「深く憂慮している」と述べ、国際的な捜査を阻止しようとしないようにロシアに警告した。

国連安全保障理事会は月曜日、この攻撃について会合する予定です。ニッキー・ヘイリー国連大使は、「強力な行動が必要だ」との声明を、ツイートでシリアに提出した。

2018年10月に上場するトークンが、 今なら無料でもらえる! 5GEAR(5USD相当)を獲得するには、 >> こちら <<
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer