トランプは米軍とメキシコの国境に軍を動員しており、文字通り正当な理由はない

トランプ大統領は、移民の流入が歴史的な低さにある米国とメキシコの国境を保護するために国家防衛軍の使用を認可する宣言に署名しています。

あなたはその権利を読んでいます。

大統領は、国境の州知事が黙認している限り、これを行う法的権限を持ち、法案を履行することに同意する。(南西辺境国家の4人の知事のうち3人が共和党員であることを考えれば、彼らの合意が得られるように見える)。しかし、合法だからといって必ずしも良い考えではない。

Kirstjen Nielsen国土安全保障長官は、麻薬密輸と違法入国の「脅威」は「本当のものだ」と明らかにした。しかし、国家警備隊の動員によってどのような脅威に対処しようとしているのかは明らかではない。

境警備隊を国境に送ることができる
大統領は、国のどこにいても軍隊を送ることはできません。 郵政民事訴訟法は、米国内での軍隊の使用に厳格な制限を設けています。具体的には、テキサス大学のスティーブ・ヴラデック(Steve Vladeck)がボクスのアレックス・ワード(Alex Ward)に語ったように、大統領が国内の法執行機関で軍隊を使うには、まず「特定の議会承認」が必要だ」

しかし、国家警備隊は、国家能動義務(State Active Duty)能力で行動しているとき、つまり、それが知事によって呼び出されているときに、司法法によって保護されていません。

行政当局は、これが彼らが取っている選択肢であると確信していない。ニールセン長官は、配備に関してガバナーと協議していると述べたが、上級管理官は、「国家警備隊を利用するための合法的かつ適切な方法の点で、さまざまな選択肢がある」と強調した。しかし、それは過去12年間に2回行われたものだからです。

VoxのTara Golshanが説明しているように、トランプの前任者の両者は州知事に国境警備隊を動員させた。ジョージW・ブッシュは2006年5月に国境警備隊に派遣され、バラク・オバマは2010年5月に国境警備隊に1,200人の国家防衛隊員を動員した。(2014年、テキサス州知事リック・ペリーは、米国に入国する中央アメリカからの無同伴の子供たち)。

国家警備隊の部隊は、文字通り移民と戦うために国境に送られません。それはまだ違法です。彼らは移民を捕まえるために国境に送られることさえありません。国境巡回諜報員にのみ許可されています。以前の動員時には、国家警備隊は、Border Patrolの捜査官が移民を追跡するのを支援するための監視と諜報活動のミックスを行い、逮捕された移民を処理する手助けをしました。

ボーダークロッシングは歴史的な低さにあり、多くの人々が亡命を求めています
統計が入手可能な先月の2018年3月に、ボーダーパトロールの代理店は、米国とメキシコの国境を越えようとしている移民37,393人を捕まえました。

オバマ大統領が国家警備隊を動員する数ヶ月前、55,237人の移民(1.5倍の人数)が逮捕された。そして、ブッシュがそれをした1ヶ月前に、ボーダーパトロールは126,538人の移民を逮捕した。言い換えれば、脅威は3倍以上悪化しました。

トランプ政権は、国境警備隊を米国/メキシコの国境に配置しています。 Javier Zarracina / Vox
国境通過は季節的なので、3月と4月の比較は完全な比較ではありません。2018年1月から3月にかけて、平均30,012人の移民が毎月国境を越えて逮捕されました。オバマ氏の動員に先立つ2010年の同じ期間に、平均は46,312であった。そして、ブッシュが警備員を呼び出す数ヶ月前の1月から3月にかけて、月平均は128,979だった。

ボーダーパトロールが歴史的にそれをやったのは、どれくらい多くの人々が捕まっているかに基づいて国境がどの程度安全であるかを測定するのは後ろ向きに思われるかもしれません。それは1年前にトランプ氏の自慢の土台だったので、国境警備の記録を設定した。今や、不安は1年前と比べて若干高くなっていますが、それでも大後退前のレベルに戻っていない – それ以前の何十年もの間、心配していました。(オバマ大統領の下での平均3月は約46,600の懸念を見せた;ブッシュの下での平均3月は132,325を見た)。

さらに、現在アメリカに来ている人々の多くは、米国で合法的地位を求める方法として国境巡回に向かおうとしている人々です。彼らは中央アメリカからの無伴奏の子供、または家族です。彼らは彼らの母国での迫害や拷問を恐れているため亡命申請をしようとしているかもしれない。

国家警備隊の部隊は確かにその人々を処理するのを助けることができ、庇護士を選挙し、他の機関と調整して訴訟を解決するのを待つ間に拘留することができます。

しかしそれはトランプ政権が言っていることではない。それは脅威があるので国家警備隊を動員していると言います。

国境を守るために国家警備隊を配備することは、国境を越えて侵入することよりも、空港、港湾、道路交差点などの港湾経由の方がはるかに一般的な麻薬密輸に大きな影響を与えません。また、米国を通過しようとしている人々が亡命を求めることを阻止しようとすることはありません。

行政当局が明らかに望んでいることは、自国を離れて亡命を求める人々にメッセージを送ることだが、そうすることを検討している。「密輸業者に支払うことを考えている個人にとっては、今のところアメリカに来ることは賢明ではない投資だろう」と、上級管理官は水曜日に述べた。

それは非常に高価なメッセージです。それはトランプベースで聞こえるかもしれないし、そうでないかもしれない。アン・コールターのような控えめな指導者たちは、彼の署名問題への復帰で彼を元気に戻すよう促している。しかし、ホンジュラスやエルサルバドルなどの国では、たとえ彼らがどこにいても致命的な危機に直面していても、母国を離れようとすることからも断ることができます。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer