鉄拳7にはゲーム内チュートリアルが必要

鉄拳7にはゲーム内のチュートリアルはありません。鉄拳のゲームに初めて参加したプレイヤーは、間違った理由で自分自身を失うことになります。ゲームの微妙な仕組みを練習する必要があるからではありません。微妙な仕組みが最初に存在することを知らないからです。これは、長年に渡って筋肉の記憶と戦略を開発したベテランと新しい鉄拳のプレーヤーとの間に大きな知識のギャップを作り出します。新しいプレイヤーは、可能なレベルでゲームを楽しむことはできません。

エンガデットとのインタビューで、ゲームディレクター、原田勝弘は、鉄拳7は「新しい、初心者のプレイヤーにもっとアクセスしやすい」と語った。バンダイナムコはコンボシステムを鉄拳6から単純化し、コンボダメージをスケールして、空気はすぐにうまくタイムジャグルを失うことはありません。彼らはバックロールを外して地面から浮き上がらせました。以前は非常に危険でしたが、より安全で防衛的なアニメーションに置き換えました。そして彼らは、プレイヤーが簡単に実行できるパワーコンボを使ってカムバックをするチャンスを与える「Rage Arts」を取り入れました。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer