パルスナイトクラブの犠牲者を訴えるTwitter、Facebook、Google

フロリダ州オーランドで撮影されたイスラム国家支持者のパルスナイトクラブでは、49人の無実の人々が死亡し、58人が負傷した。 ISISに「重要なサポート」を提供しているとされているこれらの負傷者のうち、16人がGoogle、Facebook、Twitterを訴えている。

フロリダ州中部地区裁判所で今日提出されたオーランドの犠牲者は、3社すべてがJASTA(テロ対策法の正義)に違反していると主張している。この訴訟では、「この場合のテロ攻撃の時までに、ISISは、世界で最も広く最も広く認識されて恐れられているテロ組織の1つになっていた[…]。主に、テロ活動を促進し、実行するためのソーシャルメディアプラットフォームを提供しています。

このスーツは、重要なサポートを超えて、ISISのコンテンツから利益を得ていると主張しています。少なくともGoogleが所有するYouTubeの場合、その広告収入の一部はテロリストグループから払い出されている可能性があります。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer