アップル、Intel Inside、Hackintosh、Dreamsでラップトップを殺した

Bloomberg NewsのMark GurmanとIan Kingは数ヶ月にわたる噂を重ねて、AppleがApple製ハードウェアにCPUを使用し終えるまで、Apple製CPUをそのコンピュータ用に移行する予定であると報告している。 アップルは現在、米国で3番目に大きなコンピュータメーカーであり、インテルの損失は重大なものになります。 しかし、それはまた、エンドユーザーにとっていくつかの重大な、そしておそらくは不快な変更を意味します。

ブルームバーグによれば、2020年までにすべてのアップルコンピュータでApple CPUを使用するというイニシアチブが報告されており、内部でKalamataとして知られています。 この動きは、携帯電話、タブレット、ラップトップなどのすべてのアップルデバイスがよりシームレスに連携できるようにするための大きな戦略の一部と考えられます。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer