レポート:ルク・ベッソンの映画会社を買収することを検討しているNetflix

昨年、Luc Bessonは、彼の映画会社、EuropaCorpを通じて視覚的に緑豊かで創造的なSF映画をリリースしました。今までで最も高価な独立映画の一つだった映画は…大丈夫。いくつかの情報源によれば、信じられないほどの金額を納得させるには十分ではありません。それ以来、EuropaCorpの見通しは揺るぎないものでした。

今、スラッシュフィルムが集めた報告書によると、Netflixは同社を買収するための「高度な協議」に入っている。 Bessonが1996年に設立したEuropaCorpは、ヨーロッパ最大のインディー・フィルム・スタジオの1つで、Besson自身のLucy and TakenやHitmanの映画を含む22年の歴史の中で数々の素晴らしい映画を出してきました。しかし、成功しているにもかかわらず、同社は近年、アメリカの事業規模を縮小し、フランス語映画の核となる基盤に戻って、大きな負債を取りました。

この報告書によると、NetflixとEuropaCorpの会談は、1月に開始された。今や、これらの会談は、総合的な買収の会話に渦巻いているといわれている。

買収が行われた場合、現在設立した会社の過半数を所有しているBessonは、スタジオの中心的なクリエイティブエンティティとして存続します。今回の契約は、今年の夏になると結論に至り、最終決定が予定されており、Netflixのストリーミング・オファーにいくつかの主要なクリエイティブな才能をもたらすだろう。そしてもう少しTaken映画。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer