日本が自国の北朝鮮首脳会談を求めている

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

何年もの外交上の隔離の後、突然誰もが金正日(キム・ジョンウン)と話したがっている。

日本は、朝鮮半島情勢が急速に変化しているため、東京に残っているとの懸念を表明したことで、北朝鮮首脳との首脳会談を模索していたことを明らかにした。
金大統領は、中国の胡錦濤国家主席と訪朝するために北京を訪問し、金次官は金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談した。
今年後半に金長官とドナルド・トランプ米国務長官との会談も予定されている。
「日本と北朝鮮は、さまざまな機会を通じて、また北京の大使館を通じてさまざまな方法で交渉してきた」と、日本の報道機関の報道によると、菅首相は、北朝鮮に関連している。

ループの外に

北朝鮮が南朝鮮との外交関係を再開し、冬季オリンピックに参加することに同意した1月に緊張が緩やかになったので、日本は目立って消え去っている。
安倍晋三首相は、オリンピックの後、「対話のための対話は無意味だ」と述べ、米国との橋渡しをしているようだ。
しかし、数週間のうちに、トランプ氏は金大統領との会談に合意し、日本を逃げ出した。
東京のテンプル大学でアジア研究のディレクターを務めるジェフ・キングストンは、「日本はトランプに完全に盲目的だった」と述べた。「それまでは、同じページにいると思った」
日本の杉山晋介新駐韓大使は、東京の「基本姿勢は北朝鮮に向かって変化していない」とCNNに語った。
「おそらく新しい始まりの真っ只中にいるのではないでしょうか」と杉山は言いました。「わかるよ。
北朝鮮が日本の北海道の島に2発のミサイルを発射した後、北朝鮮が最大の圧力をかけようとしている中で、アブの政権はトランプ・キム首脳会談の前に表明された。
北朝鮮の国営新聞「盧武鉉(ロー・ミンン)」は、「朝鮮半島情勢を悪化させ、日本の反動勢力に警告する」と批判し、自らの目には目を傷つける結果となった。
「今も日本がやり続けるならば、それは暴行するだろう」と同紙は述べた。
東京の関係者も同じように考えているようだ。いくつかの人が朝日新聞に、金氏の北京への突然の訪れなど、
与野党議員三浦信平氏は、「北東アジアの状況が劇的に変化する中で、日本が唯一残っているのではないかと懸念している」と述べた。

誘拐交渉

これまでの会談は、朝鮮半島の安全保障問題、特に非核化に焦点を当てている。
緊張の低下や北朝鮮の脅威の縮小は日本に利益をもたらすが、東京は交渉を中断して、日本の拉致問題を北朝鮮に提起することを懸念する理由がある。
1970年代と1980年代に北朝鮮の捜査官に拉致された後、数十人以上の人々が行方不明になっている。
昨年日本を訪問した際に、「金正日(キム・ジョンウン)が返還すれば、それは大きなシグナルとなるだろう」と述べた。
「そうすれば、それは非常に特別なものになるだろうと思うものの始まりだろう」と彼は語った。
しかしそれ以来、拉致被害者はほとんど言及されていない。日本のメディアは、安倍首相が次の月(金日協議前)の会議で問題を提起すると述べたが、テンプル大学の教授であるキングストン教授は、ソウルやワシントンでは、決済する必要があります。
「6者協議(2000年代)における日本の主張は、最終的にはその協議の崩壊につながった要因の1つだった」と彼は語った。
「多くの人々が、数十人の日本人の運命が、核兵器を放棄するよりも、なぜ大事なのか疑問に思った。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer