2018年、XiaomiはTech WorldのBugest Ever IPOで誕生した年になる

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

011年8月にXiaomiの最初のスマートフォンが発売されてからわずか7年です。現在、北京に本社を置く同社は、世界最大の公開リストになると予想される少なくとも500億ドルの技術的なIPOを準備していますこれまでに見たことがあります。これはAlibabaの過去2年間の250億ドルという過去最高の記録です。

 2014年の最後の資金調達の後、約460億ドルと評価されたXiaomiは当時最もプライベートなハイテク企業になった。そのフラッシュ販売と精力的なソーシャルメディアキャンペーンの助けを借りて、中国のスマートフォンメーカーは現在、ライドシェアDidi ChuxingとUberの直後で3番目に大きいユニコーンです CB Insightsのデータによると、ハードウェアメーカーは、契約のタイムラインについてはコメントしていないが、創設者でありレイジュン会長は、最近の武進世界インターネット会議で、「中国のビジネスアイデアを他の国に移植する」と述べた。時代遅れで成功したIPOは、拡大のために非常に必要な弾薬をもたらす可能性がある。

2017年の大復活

過去2、3年、中国の「リトルライス」と呼ばれる会社は、2017年に大きな進歩を遂げました。スマートフォンの販売は、新モデルとその直販のおかげで、第2四半期に自国市場の中国でアップルを席巻しました顧客への販売方法。

Forbesの詳細:XiaomiのMi Mix 2は、米国の視聴者を念頭に置いて作られた

Xiaomiの携帯電話の大半はオンラインで販売されていますが、早期に販売チャネル戦略を立てていますが、今年は物理店舗の開設が加速しています。小売店舗は、消費者が製品を知り、アフターサービスを統合するために、より多くの接点を提供します。2019年までに1,000の「Mi Home」会場を開設する予定です。これは世界のAppleストアの数の2倍です。Leiは、電子商取引と組み合わせた「新しい小売」は、2018年までに毎年1億台のスマートフォンを出荷する目標に到達する方法と考えている  – パフォーマンスのために設定した目標

中国のスマートフォンメーカーのXiaomi(AP Photo / Ng Han Guan)会長Lei Jun氏は、

しかし、国内の競争は、ハイエンドのファーウェイと、ローエンドの携帯電話メーカーのVivoとOppoとの間で急速に圧迫されている。GGVキャピタルの種子の投資家Hans Tungは心配していないが、Xiaomiのブランドに足を踏み入れるという生態系ベースのモデルを信じている。CNBCのインタビューで、「彼らは多くの円柱で発砲しており、中国だけでなくインドでも非常にうまくいっている」と述べた。

インドの爆発的な成長

Xiaomiは、前年同期比で290%以上の市場シェア拡大を達成しました。市場調査会社IDCは、Mi Homes、Mi認定店舗、および大手小売業者とのパートナーシップにおける盛り上がり拡大の要因としています。

インドの経験の後押しを受けて、Xiaomiは正式に11月にスペインで立ち上げました。このブランドは、歴史的にオンラインで独占的に購入した忠実なユーザーファン層を既に持っているため、マドリードをヨーロッパへの玄関口として選択しました。同社は、配布および顧客サポートのために2つの認可されたMiストアおよび現地パートナーから開始する。

その他の製品

Xiaomiの成功は、地理的な範囲を広げるための重要な措置を除いて、80以上の製品ラインナップの拡充によって助けられました。「ユーザーが持っている言葉のエフェクトはスマートフォンだけでなく、テレビで、家庭用のガジェットの多くで、 “とTung氏は言います。ウェアラブル技術に関するIDCの最新の見積もりによると、Xiaomiは米国のFitbitと出荷量で最初に結びついていて、Apple Watchを凌駕しています。新人はまた、今年初めにスマートシューズを紹介したが、中国市場をターゲットにしていた。

最新の開発はAIとIoT(Internet of Things)に関するBaiduとの提携発表としても行われています。このペアは、検索巨人のDuerOSを活用して、Xiaomiのエレクトロニクスとスマートデバイスのユーザーエクスペリエンスを強化します。

スマートフォンメーカーとしてのXiaomi応援のファンは、最新の製品を発表した(AP Photo / Ng Han Guan)

IPO評価 

それでも、すべての会社が過去1年間で達成したメガIPOの評価は、CUHKビジネススクールの教授Simon Lee氏に質問されています。「 販売実績と収益性を考慮すると、私の気持ちは高すぎます。時価総額と収益を比較すると、「それはまったく正当なものではありません」とアカウンタビリティの上級講師は述べています。しかし、タイミングは発行者の立場から見ると良くはありません。
「市場は依然として最高です… IPOの全目的はお金を稼ぐことです」とLeeは言います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer