漫画の媒体を幻想的に使用

パシフィック・リムのファンであっても、誰かが死亡した瞬間に漫画全体を制作することは興味深い決定です。 それは巨大なロボットが物を打ち抜くことについての人間のキャストよりも映画を適応させる漫画のために驚くほど人間です。 カオリとドゥクが落ちると、悲しみと必然性の感覚で見えるものがすべて響き渡ります。周りが暗くても、イエガーのパイロットとして仕事をしようとすると、集まり、落ちます。

しかし、ドリフトの興味深いものは、カオリとデュクが最初に会った方法に逆戻りしてこの死の場面を散りばめ、そうするために漫画の媒体を幻想的に使用することです。 ドリフトが人々の共通の経験であるという考えを表現するために、パネルはカオリとドゥクの別々の会合を再三に並べて配置されています。ここでは、米国海軍のキャプテンであるデュックがカオリと潜水艦の命を救おうとしています Kaiju違反の研究者でいっぱいです。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer