シベリアの大規模な鋸屑ダンプ火災は数年間焼くだろう

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シベリアの環境保護団体は、世界最大のおがくずの火災で、現在進行中の火災に懸念を表明しています。これは2013年以降燃えており、今後も続くことでしょう。

シベリアンタイムズ紙が報告しているように、3年前に火をつけたおがくずの記念碑的な山は、イルクーツクのウスト=クトキー地区にあり、10.4ヘクタール(25.7エーカー)以上の大きさを測定しています。 それはおおよそ800のオリンピックスイミングプールのサイズです。

評議会のスポークスパーソンによると、「このような量のおがくずでダンプを消すことは今では不可能だ」と明らかにしている。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer