マディソンスクエアガーデンは秘密に顔認識技術を使っている

マディソンスクエアガーデンのセキュリティは、密かに観客の顔をスキャンするために顔認識ソフトウェアを使用している、ニューヨークタイムズの報道。これにより、MSGは未知の人々に顔面スキャン技術を使用する最新のスペースを提供します。

MSGアリーナは、Aリストのスター、バスケットボール、ホッケー、ボクシングなどの主要スポーツイベントからコンサートや公演を開催し、最大収容人数は2万人です。無名のソースだけを引用すると、ソフトウェアがインストールされたことや、スキャンされた人の顔の数などの詳細は不明です。

オリンピックのスタジアムや公立学校からKFCや空港にいたるまで、顔認識ソフトウェアが普及し、目立たなくなっています。ジョージタウンのプライバシーと技術に関する法律センターの研究者は、2016年に連邦捜査局が運転免許証、パスポート、マグショットから大量の顔認識データベースを作成したことを発見しました。圧倒的多数が彼らがまったく関与していなかったことで、644万人のアメリカ人がデータベースに入っています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer