男は「私の国から出よう」と叫んだ後、インド人の殺人に罪を犯した

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

昨年、バーでインドの移民を致死させたカンザス州人男性は、火曜日に殺人罪を訴えた。

52歳のアダム・プリントンは52歳の白人男性で、2017年2月22日にオスティン・バーで攻撃して、スリンビアス・クチブトゥラを致死させ、友人のアロク・マダサニを傷つける前に、人種差別を叫んで「私の国から出よう」と叫んだカンザス州オレーセのグリル。

目撃者によると、プリンストン氏は両者が中東系であると信じており、「合法的である」と尋ねた。両犠牲者はインドから米国にやって来てエンジニアとして働いていた。

別の犠牲者、24歳のIan Grillotが、ガンマンを止めようとしている間に、手と胸に撃たれました。彼はヒーローとして賞賛され、ヒューストンのインディアンコミュニティセンターから10万ドルを授与されました。

撮影の後、プリントンはミズーリ州のアップルビーに行き、バーテンダーに「ただ2人の中東の男性を殺した」と言いました。彼はその場所で逮捕されました。

声明の中で、Kuchibohotlaの未亡人であるSunyana Dumalaは、Purintonの1階の殺人に対する有罪判決は、「憎悪は決して受け入れられないという強いメッセージを送る」と述べた。

プリントンは、ガーディアンによると、5月4日に判決を受けて刑務所に暮らしています。

彼は依然として憎悪犯罪の連邦告発に直面している。検察は、KuchibhotlaとMadasaniは、「実際に認識された人種、色、宗教、国籍によって」標的にされたと主張した。

司法省は、カンザス州が憎悪犯罪法を欠いているため、憎悪犯罪告訴を提起した。全米の憎悪犯罪の数は2016年に5年のピークを迎え、ドナルド・トランプ大統領の勝利の後でさらに大きく上昇した。

連邦検察当局は、プリントンの死刑判決を求めるかどうかはまだ明らかにしていない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer