ピットブルは、自身のプライベートジェットで米国にプエルトリコから癌患者を輸送している

ピットブルは、彼のプライベートジェットで米国にプエルトリコからガン患者を輸送している

ハリケーン・マリアがその地域を荒廃させた後も、島のほとんどの病院にはまだ1週間ほどの労力がありませんでした。

ピットブルはプエルトリコにプライベートジェットを送って、化学療法治療のためにハリケーンに襲われた島のガン患者を米国本土に輸送するとは報告している。

プエルトリコのジェニファー・ゴンサレス(JennifferGonzález)国会議員は、火曜日にtwitterで感謝していると投稿している。

「化学療法を受けることができるようにPRから米国へ癌患者を動かすためにあなたの私用飛行機を貸してくれたことに感謝します」と彼女は書いています。

「本当にアーマンド・クリスチャン・ペレス氏のキューバ・アメリカン・ラッパーは火曜日に語った。「私の役割を果たしている」と述べた。

先週は、米国に上陸したハリケーンマリア、プエルトリコのリカルド・ロッセロ知事が表現として「カトリーナやサンディとは異なり、大災害。」少なくとも13の命を奪い住民は水、電力、道路にアクセスできなくなってしまった。

米国国防総省によると、プエルトリコの69の病院のうち、わずか11ヶ所が火曜日の時点で燃料や労力を持っていた。

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer