ディズニーは、Netflixへの提供を停止して独自のストリーミングサービスを開始すると発表

ディズニーの最新の収益レポートは、特に新しいニュースのようには聞こえないかもしれませんが、今日は驚くべき情報が含まれています。同社は、2019年にNetflixへの新しい映画のライセンス供与を停止するだけでなく、2012年に締結した両社間の配信契約が終了すると同時に、ディズニー独自のオンラインストリーミングサービスでオリジナルの映画、テレビ番組、その他のディズニー・ブランドの動画の提供を開始します。

その為に、ディズニーは、デジタルメディア企業BAMTechの過半数所有権を取得するために15億8000万ドル(日本円で約1742億円)で取得しました。BAMTechは、ディズニーが今後トイストーリー4,アナと雪の女王(続編)ような新しいディズニー映画のストリーミングサービスが開始となる2019年までに独自のストリーミングサービスを行うためのリソースを提供する。そして、プラットフォーム固有のコンテンツと共に、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のESPN固有のストリーミングサービスの立ち上げを2018年に計画している「10,000以上の地域、国内、国際的なゲームやイベントを年間を通して提供します」とのことだ。

一方、Netflixは、ディズニーのタイトルへのアクセスを失う心配がまだ2、3年あることを顧客に安心させるために、The Vergeに声明を発表しました。

米国のNetflixは、2018年末までに劇場公開されるすべての新作映画を含む、2019年末までにDisneyの映画を視聴することができます。当社は、継続中の取引を含め、多くの面でウォルト・ディズニー・カンパニーと引き続き取引を行っています

だからすぐにあなたのモアナの視界で絞る必要はありません しかし、実際にはさらに新しいストリーミングサービスがあります。

年収500万円から出来る不動産投資
ライバルに差をつけるチャンスがここに!!
マイナス金利の今が利益爆上げ中!
https://fudousantoushi-guide.link

スポンサーリンク

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer